03-3720-7477
8:00〜21:00(年内無休
市川銕琅 奈良細工 末廣香合 惺斎花押
市川銕琅 奈良細工 末廣香合 惺斎花押
売り切れ
市川銕琅(いちかわてつろう・1901-1987)は大正から昭和にかけて活躍した工芸家。<BR>
加納鉄哉が復活した鉄筆彫刻の最後の継承者。<BR>
東京・調布市生まれ。15歳で東京美術学校の彫刻家初代教授の加納鉄哉に弟子入り。<BR>
大正8年、奈良に転居し鉄哉死後独立。<BR>
30代で聴力を失いながらも、製作を続ける。<BR>
名誉利益を欲せず、個展活動に終始し、東大寺長老の清水公照師をして、<BR>
「天下の至宝」と言わしめました。 <BR>
<BR>
出品のお品は一刀彫に金箔を施し松文様の扇面型の香合です。<BR>
作中 蓋裏には表千家 十二代家元 惺斎の花押が入っております。<BR>
茶事で使用されたお品でございますが、残念ながらお箱は紛失しております。<BR>
骨董品、美術品、思い入れのお品、買取ます
古美術一般
出張・宅配・持込買取
思い入れ写真サービス実施中