03-3720-7477
8:00〜21:00(年内無休
耳野卯三郎 戦画 マレー沖海戦 20号
耳野卯三郎 戦画 マレー沖海戦 20号
売り切れ
耳野卯三郎先生の戦中に書かれた貴重な戦画です。

耳野卯三郎先生は当時「航空隊 射爆研究室」にいたという資料があります。

空中には戦闘機が飛び交い、爆撃による水柱を前面に出した構図を

20号の大型キャンバスに描いた大変迫力ある作品だと思います。



作品右下部に「耳 2602」のサインとキャンバス裏に

「マレー沖海戦絵 耳野卯三郎 二六〇二」の裏書が見られます。



状態は経年によるスレ汚や焼け、キャンバスの痛み、キャンバス中央付近に

破れ(写真参考)が見られます。

額縁部にも経年の痛み(金彩の剥離など)が見られます。



お品寸約 96×83cm(額含) 絵寸74.5×61cm でございます。